3つの相続対策

昨今、改正相続税法が、平成27年1月1日から施行されることに伴い、一般の方々向けの雑誌でも「大増税」等の文字が躍り、世間では相続対策の必要性・重要性が見直されています。

増税というのはあまり喜ばしいことではありませんが、多くの方々が自分の財産の最後の処分について、すなわち自分の財産を死後誰にどのように使ってもらいたいのかについて考えるようになることは望ましいことだと思います。
しかし、相続税法改正により増税されることを極端に恐れ、どうすれば節税できるのかのみを考えるだけでは真の相続対策とは言えないと思います。

相続対策には大きく分けて3つの側面があります。1.節税対策、2.納税対策、3.分割対策の3つです。
以下では、この3つの側面について具体例を交えながら説明したいと思います。

1.節税対策

マンション 相続対策と聞いて、みなさんがおそらく最初に思い浮かべるのがこの節税対策なのではないでしょうか。
今回の相続税法の改正により、基礎控除額は従前の6割となり、最大税率も50%から55%に引上げられたことから、この節税対策については異常な程の盛り上がりを見せています。巷では生前贈与をしたり、養子を取ったり、金融資産を収益不動産にすることの有効性が叫ばれ、相続の専門家と呼ばれる人たちも揃って、これらの相続対策を勧めています。

例えば、1億円の預金を持っているAさんが亡くなったとします。Aさんの妻は既に亡くなっており、子どもが二人(BさんとCさん)いました。
この時、改正相続税法を前提にすれば、課税価格は5800万円となり(基礎控除額4200万円※1)、相続税額は770万円※2となります(※BさんとCさんが遺産を均等分割して相続したことを前提とします。)。
しかし、Aさんが生前に1億円の預金を使って、アパートを建てて、第三者に貸していた場合はどうなるでしょうか。この場合、1億円で建築した建物の相続税評価額は約7000万円となり、これが賃貸物件となっている場合には、さらに借家権割合(30%)が引かれ、約4900万円の資産として評価されることになります。それにより課税価格は700万円となり、相続税額は70万円となります。
これによって、Aさんは700万円の節税に成功しました。

このように、上述した対策を採ることは、相続税を抑えるという面からみれば有効な場合が多いでしょう。


※13000万円+600万円×2人
※25800万円÷2×15%-50万円=385万円(各人の支払うべき相続税)
 385万円×2=770万円(相続税の合計額)

2.分割対策

喧嘩 分割対策というのは、被相続人(上述の具体例ではAさん)が、自分の死後、相続人たち(BさんとCさん)が遺産分割で揉めないように行う対策のことです。

それでは、上述の具体例を分割対策という側面から改めて検討してみましょう。

Aさんは生前に全財産を使ってアパートを建設したため、Aさんの財産としては不動産(アパート)しか残っていません。そして、アパートを半分に切って、BさんとCさんが相続するということは不可能なため、このアパートをどのように遺産分割するかということが問題となります。
この時、アパートをBさんとCさんの共有にしてしまうという方法もありますが、かかる方法は問題の先送りに過ぎず、不動産を自由に処分することが出来なくなってしまいますし、BさんやCさんが亡くなった後により大きな問題となって相続人を苦しめる可能性が高いと思います。

そうなると、やはりAさんが亡くなったタイミングで、アパートはBさんかCさんの単独所有にするべきだということになります。このような場合、通常BさんかCさんが相手方の持ち分について対価を支払うことによって、単独所有にする方法が考えられますが、まず不動産の価値が問題となりますし、仮に不動産価値について意見が合致したとしても、単独所有する側が一括で不動産価値の半額の金銭を準備することが出来ない場合には、この方法は上手くいきません。

それでは、二人でアパートを売却して、売却代金を分けるという方法はどうでしょうか。これならば、実際に売れた金額を二人で分ければ良いため、不動産の価値が問題になることも少ないでしょうし、BさんやCさんが多額の現金を準備する必要もありません。しかし、このように売却する場合には、建築当時よりも価値が下落していることが多いですし、不動産業者に対して仲介手数料を支払ったりする必要もあります。その結果として、二人の手元に残る金額が9230万円(Aさんが現金を1億円持ったまま亡くなったと仮定して、770万円の相続税を控除した金額)を下回らないという保証はどこにもありません。

したがって、アパートを買うというAさんの相続対策は、子ども達に争うきっかけを与え、さらには手元に残る金額を減少させる可能性もある点で分割対策という側面からは成功しているとは言えません。
この具体例からも、有効な節税対策が、分割対策としてはむしろ有害になる可能性があることはお分かりいただけるかと思います。

3.納税対策

お金 納税対策というのは、相続人たち(BさんやCさん)が相続税を期限内に納税できるようにするために取る対策です。相続税の納税は、原則として被相続人(Aさん)の死亡後10カ月以内に現金一括で行わなければなりません。

それでは、上述の具体例を納税対策という側面から改めて検討してみましょう。

まず、Aさんが預金1億円を持ったまま亡くなった場合には、BさんとCさんはかかる預金を引き出し、納税すれば良いのですから、BさんやCさんの固有の財産からの負担はありません。

次に、Aさんがアパートを購入していた場合はどうでしょうか。
相続税は、原則として現金で納めなければならないため、アパートの一部を税金として納めることは困難です。(※厳密には物納という方法も可能ではありますが、要件が極めて限定的であり、実際に活用することは困難です。)そうすると、BさんとCさんはアパートを売却して、納税資金を捻出するか、各人固有の財産から納税する必要が生じます。
今回の例では、相続税が70万円であることから、各人の固有財産から賄うことも可能であると考えられるかもしれませんが、不動産の資産価値がより高額になってくれば、相続人固有の財産から捻出することが困難な場合も少なくありません。また、アパートを売却するという方法も、BさんとCさんの意見が合致しなければなりませんし、何より10か月以内に買主が見つかるという保証もありません。

したがって、アパートを買うというAさんの相続対策は、納税対策という側面からも成功しているとは言えないでしょう。
この具体例からも、有効な節税対策が、納税対策としても有害になる可能性があることはお分かりいただけるかと思います。


ここまで、節税対策として行ったことが、分割対策や納税対策という側面から見れば裏目に出る可能性があることばかり述べてきましたが、何も節税対策をするなというつもりはありません。税金を抑えて、相続人の方々に少しでも多くの財産を遺してあげたいというのは、みなさんが当たり前に持つ考えだと思います。
そして、みなさんのまわりには、この気持ちを酌んで(利用して)、節税のための色々な提案をしてくる人たちがいると思います。
しかし、彼らはあくまでもビジネスとしてみなさんに提案してきているのだということを忘れず、上述した3つの側面からしっかりとその提案が真の相続対策になっているのかをご自身の頭で考えてください。
この記事が、みなさんが少しでも良い相続対策をするきっかけとなれば幸いです。

名古屋総合法律事務所の詳しい情報はこちら

浅野弁護士

事務所紹介

弁護士・税理士・司法書士紹介

料金・費用

無料相談受付

アクセス

当事務所が選ばれる理由

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30  夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

予約受付時間
平日・土日祝6:00~22:00
初めての方専用0120-758-352|TEL 052-231-2601/FAX 052-231-2602

税理士法人名古屋総合パートナーズはこちら

TEL. 052-231-2603 FAX. 052-231-2604

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、相続の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市,津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
無料相談については、相続人・受遺者の方の内少なくとも1名が上記エリアにお住まいの場合、または被相続人の最後の住所地が上記エリアにある場合の方に限定させていただいております。

 

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

名古屋総合法律事務所のご紹介

運営管理 Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
所属:愛知県弁護士会

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)