円満かつ円滑な相続とは ― 相続争いが起こり、深刻化する契機は何か

セミナー風景1

事例説明を通じて、円満かつ円滑な相続とは、何か。
私の思いを話させていただきます。

第1 事例説明

 平成18年から5年間の係争の概要

平成18年相続発生

  1. 家庭裁判所  遺産分割調停  不調
  2. 遺産分割審判に移行、寄与分の申立て
    裁判所から、③の訴訟提起を理由に取り下げを求められ、取り下げる。
  3. 地方裁判所 地上権・通行地役権確認訴訟を提訴
    賃料相当損害賠償請求等反訴請求を提訴される
  4. 地方裁判所 持分全部移転登記請求訴訟を提訴

地方裁判所で、裁判上の和解が成立して、係争は終了

 昭和38年の亡父の相続のときの不満が、今回の相続の一部の相続人の対応のまずさをきっかけとして、一挙に爆発しました。
一旦係争になりますと、係争は拡大していきます。
攻めると反発を呼び、さらに攻めるという攻防を繰り返し、係争の内容も質的にエスカレートしていきます。

相続財産の取得原因の追究から、相続財産の範囲、権利の負担の有無などを民事裁判まで提起して争われました。
兄弟に甥、姪、その配偶者などの親族も加わり、深刻な争いとなり憎しみ合うにいたりました。

 私が、33年間の弁護士生活で、相続案件で一番精神的に苦労した案件でした。
ここまでしなければ解決できないとは、という気持ちでした。
「人とは何か」、「家族とは何か」。
また、「相続とは何か」、「円満な相続とは」「円滑な相続とは」という疑問をもちました。

第2 円満かつ円滑な相続とは

 相続とは、亡くなった人の財産を家族などが受け継ぐことと定義されています。
現在、多くの市民の相続に関する関心事は、財産分割の行方と相続税に向けられています。また、遺産分割協議が整わず争いとなり、長期にわたる調停・審判等による遺産分割事件(争続)が増加しています。

相続人同士の争いは、これまでの良好な「感情的係わり合い」を憎しみと憎悪に変化させ、兄弟姉妹が絶縁状態になる等の不幸を招きます。

 社会の変化

私は弁護士になり34年目になります。
この34年間を見てみますと、相続案件での大きな変化は、相続人の数が減ったことです。
日本では、これから大幅な人口減が進みます。
将来的には、人口はどんどん減り相続人の数もどんどん減ります。
すると、自然に相続争いは無くなるはずです。

ところが、私は、相続争いが無くなることはないと考えております。

その理由は2つあります。

1つ目は、フリーライダーといわれる人の存在です。
2つ目は、「家族」の概念が変わることです。

この問題は、私の抱える難題―中小企業の経営者として、社員とその集団について、「人は何か」「集団とは何か」という悩みと質的に同じものであります。

第3 フリーライダーとは

セミナー風景2

 フリーライダーとは、「義務や縛りを放棄し、いわば利益だけをちゃっかりとせしめようという存在」です。

私は、「初期人類は何を食べていたのか」という問題に興味があります。
小型哺乳類、爬虫類、昆虫、貝類。そして、木の実。果実です。
また、捕食された動物の骨を砕いて食べていたという見解に関心があります。

島泰三氏 「サルの社会と人の社会」(株式会社大修館書店)
NHKスペシャル取材班 「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」(角川文庫)

などの書物で、集団、それも家族のような社会の基礎となる小集団のありように触れています。
私は、哺乳類は、生存競争で、「集団でないと生きていくことができない生き物」と考えております。

こうした生き物の集団には、内なる敵が潜んでいます。

上記「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」(角川文庫)では、「たかり細胞」という名前がつけられています。

集団で行きる生き物である以上、フリーライダーという問題は共通しています。
サルの社会にも、チンパンジーの社会にも、そして、人の社会にも、フリーライダーが存在するのです。

 相続の場面では、「必要なコストを負担せず利益だけを受けようとする人」もしくは、「コストに比して過大な利益を受けようとする人」との戦いであります。

家族も集団である以上、このフリーライダーの問題は確率としては、避けられないのです。
したがって、相続争いがなくなるということは無いのです。

第4 家族とは何か

 家族とは、「居住を共にすることによってひとつのまとまりを形成した親族集団」のことです。

「人・物・サービス・情報」が自由に移動できるようになったことから、人の移動の距離が大きくなりました。

親子が離れて生活し長年会うことも無いなど家族のありようが大きく変わってきています。

この「距離が大きくなった」とは、「現実の距離」より、むしろ「心の距離」のほうがより問題と思います。

 この移動の拡大と共に高齢化の進行により、高齢夫婦の世帯、高齢単身者の世帯が著しく増加しております。

また、介護保険制度は、高齢者の介護が従前の親子など家族の問題として扱われていた大きな課題を、社会全体の問題、社会全体の責任にしました。

私は、介護保険制度は、家族問題に大きな影響を与えたと考えております。

 参考に、フランス民事連帯契約 通称 PACS(パックス)「同性または異性の成人2名による、共同生活を結ぶために締結される契約」という新しい家族契約が あります。

性別に関係なく、「助け合って生きて生きたい他人同士」がパートナーとして、契約して共同生活を送るものです。
PACSには、性的関係は要件ではないのです。

シエアハウス、グループホームも家族の一種なのかもしれません。
あるいは少なくとも擬似家族といえると思います。

 このように、家族の概念は、血縁より共に生活する人に、変遷あるいはもどろうとしております。

第5 円滑な相続により、円満な相続を実現する。

セミナー風景3

 遺言、死因贈与契約、生前贈与などの手段を事前に用意しておくことに、円滑な相続を実現することが、何に増しても一番重要です。

 「円満」とは、願いなど十分に満たされることの意味ではないのです。
「円満な相続」でいう「円満」とは、「調和が取れて穏やかなこと」をいいます。

相続人皆の願いがかなうことなど無いのです。

遺言、死因贈与契約、生前贈与などの事前の措置により、争う余地の無いようにしておくのです。

争う余地がなければ、相続は円滑に進みます。

結果、円滑に完了する相続は、「調和がとれていて穏やかな相続」と評価される結果となるのです。

名古屋総合法律事務所の詳しい情報はこちら

浅野弁護士

事務所紹介

弁護士・税理士・司法書士紹介

料金・費用

無料相談受付

アクセス

当事務所が選ばれる理由

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30  夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

予約受付時間
平日・土日祝6:00~22:00
初めての方専用0120-758-352|TEL 052-231-2601/FAX 052-231-2602

税理士法人名古屋総合パートナーズはこちら

TEL. 052-231-2603 | FAX. 052-231-2604

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、相続の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市,津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
無料相談については、相続人・受遺者の方の内少なくとも1名が上記エリアにお住まいの場合、または被相続人の最後の住所地が上記エリアにある場合の方に限定させていただいております。

 

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

名古屋総合法律事務所のご紹介

運営管理 Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
所属:愛知県弁護士会

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)