相続時精算課税制度とは

相続時精算課税制度は、生前の贈与を相続と一体としてとらえる制度です。
 
贈与の際には、同制度適用開始以降の贈与を累計した額が一定の控除枠(原則2,500万円を超える部分については一律20の贈与税を支払います。
そして、相続時には贈与済の財産と相続財産とを合算して最終的に精算するというものです。
支払い済みの贈与税は相続税の前払いとして相続税から控除され、払い過ぎた贈与税は還付されます。   
 
相続時精算課税制度による贈与に対し、原則的な贈与税方法である「暦年課税方式」があります。
この方法は、基礎控除が年110万円で、税率は図1のように6段階に分かれます。
もし、基礎控除後の課税価格が1,000万円超の場合だと、「課税価格×50%-225万円」となります。
 
図1 贈与税の速算表 (暦年課税)
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円 以下 10%
300万円 以下 15% 10万円
400万円 以下 20% 25万円
600万円 以下 30% 65万円
1000万円 以下 40% 125万円
1000万円 超 50% 225万円
 
 

相続時精算課税方式と暦年課税方式の比較

相続時精算課税方式と暦年課税方式の概要を表にまとめました。

相続時精算課税方式と暦年課税方式については、平成25年度税制改正で「贈与税の税率構造」「相続時精算課税の適用対象者の拡大」について改正されました。
Ø    詳しくは 平成25年度改正のポイント をご覧ください
 

 相続時精算課税方式のメリット

2,500万円贈与をうけた場合
■  相続時精算課税方式による相続税
 (2500万-2500万)×20%=0円
■  暦年課税方式による相続税           
 (2500万-110万)×50%-225万=970万円
大きな差が発生!
相続時精算課税制度は、暦年課税方式に比べ贈与税の節税になるので、子の名義のマイホームの建設時など、親が子に多額の資金を贈与する際に大変助かります。
 

 相続時精算課税方式のデメリット

贈与者が相続税の基礎控除の枠を超える資産を所有しているケースでは、相続時精算課税制度を選択することで、従来の方式で対応した場合に比べトータルの相続税の税金が大幅に増加するということもありますので、必ず節税になるわけではありません。
相続時精算課税制度を選択する場合は、メリットとデメリットをしっかりと比較検討する必要があります。

図2相続時精算課税制度と従来からの贈与課税方式の比較


  相続時精算課税制度 従来からの暦年課税方式
メリ   ッ   ト 生前に高額の贈与を受けても、暦年課税方式における高い率の贈与税課税を避ける事ができる 年毎の分離課税であるため、1年あたりの贈与を少額におさえれば合算すれば多額になるようなケースであっても、トータルの税金を低くおさえることができる
デ  メ  リ   ッ   ト <1>特定贈与者からの贈与について暦年課税方式における基礎控除(年110万)が使えなくなる

<2>相続時精算課税制度の適用以降の生前贈与は、たとえ特別控除の枠内の贈与であっても、相続時の相続財産に取り込まれて相続税の課税対象となる
生前に高額の贈与を行うと、多額の贈与税が発生する
 

初回30分相談料無料!遺産分割、相続放棄、遺留分減殺、遺言等、相続に関する相談は初回30分無料

 

事務所概要

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-4-30
クエスト丸の内ビル
9階・3階(受付・相談ルーム)

受付時間平日9:30~17:00
夜間相談(毎週水曜日)
17:00~21:00(最終受付20:00)
土曜相談(第二、第四土曜日)
9:30~17:00(最終受付16:00)

TEL 052-961-3911/FAX 052-961-3913

アクセスはこちら

相談票はこちら

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、相続の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
愛知県西部 (名古屋・春日井・小牧・瀬戸・尾張旭・長久手・日進・東郷・豊明・北名古屋・あま・愛西・津島・清須・弥富・稲沢・一宮・江南・犬山・半田・大府・東海・知多・常滑・扶桑・大口・岩倉・蟹江・飛鳥・大治・豊山・東浦・阿久比・豊武・美浜・南知多)
愛知県中部 (豊田・みよし・安城・刈谷・知立)
岐阜県南部 (羽鳥・岐阜・各務原・多治見・土岐・瑞浪)
三重県北部 (桑名・木曽岬・朝日)

名古屋総合法律事務所愛知・名古屋の弁護士による離婚相談愛知・名古屋の弁護士による不動産・住宅ローン問題愛知・名古屋の弁護士による中堅・中小企業のための法律相談愛知・名古屋の弁護士による過払い・債務整理・自己破産愛知・名古屋の弁護士による相続・相続対策愛知・名古屋の弁護士による相続登記・不動産登記・会社登記相談
Copyright © NAGOYA SOGO LAW OFFICE All right reserved.
運営管理:名古屋総合法律事務所 弁護士 浅野了一  所属:愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)