相続が「争族」となる原因はいろいろあります

財産が少ないから、家族の仲が良いから、相続でもめることはないと思っていらっしゃる方は多いと思いますが、そうとは限りません。
相続の問題は、財産の多い少ないに関係なく起きる問題であり、時として親族間の深刻なトラブルになることがあります。
これが相続が「争族」と揶揄される所以です。

では、どのようなことが「争族」の火種となるのでしょうか?

そもそも相続される財産があるかどうか、それはどのようなものか

相続財産には預貯金や有価証券、不動産等のプラスの財産だけではなく、マイナスの財産、すなわち負債も含まれます。
また、生命保険金や死亡退職金など、被相続人の遺産に含まれるか否かで争いになることもあります。

「遺産の範囲」についてはこちらをご覧ください。 矢印 相続できる財産とは
「遺産の評価」についてはこちらをご覧ください。 矢印 相続財産評価
「受け取る財産に多額の借金が含まれているとき」はこちらをご覧ください。 矢印 相続放棄とは

誰にどれだけ相続されるのか

遺言がある場合、誰にどれだけ相続されるかについては、原則として、被相続人の意思を尊重して遺言の内容を優先的に適用します。
これを遺言相続ともいい、法定相続に優先します。

遺言がない場合、あるいは遺言が法律的に有効なものでない場合には、民法が定めたルールに従って遺産を受け継ぐことになります。
これが法定相続といわれるものです。

法定相続の場合、民法の規定により、相続人になれる人の範囲と順位が決まります。そして、この民法の規定により相続人となる人のことを『法定相続人』と言います。
法定相続人は配偶者と血族であり、姻族(子の配偶者など)はたとえ生前どんなに被相続人と親しかったとしても、相続人にはなりません
他方で、存在すら知らなかった血族(認知された婚姻外の子など)が相続人になる場合があります。

また、被相続人の財産を相続人間で分ける時の割合、つまり、各相続人がどれくらい相続することができるかという配分のことを「相続分」といいますが、遺言により指定されている場合を「指定相続分」、民法に既定されているものを「法定相続分」と言います。
指定相続分は法定相続分より優先されます。


「相続人」についてはこちらをご覧ください。 矢印 相続人の範囲
「相続分」についてはこちらをご覧ください。 矢印 法定相続人と法定相続分

相続人の意思は示されているか(遺言の有無)

遺言がある場合は、原則的には、その遺言書に沿って遺言により遺産分割がなされます。
ただし、遺言書自体の有効性や遺言書の内容をどのように解釈するかについて、争いが起こる場合があります。
また、遺留分の侵害や寄与分の認定など、遺言の内容に対する不満から争いが生じる場合があります。


「遺言書が見つかった場合」はこちらをご覧ください。 矢印 遺言書が見つかったら
「寄与分の認定」についてはこちらをご覧ください。 矢印 寄与分とは何か
「遺留分の侵害」についてはこちらをご覧ください。 矢印 遺留分減殺請求

遺言書が無い場合や、遺言書があっても、誰が、何を、どれだけ、相続するか、具体的な指示が無い場合、相続人全員で話し合って財産の配分を決める必要があります。

この話し合いを「遺産分割協議」と言います。
この遺産分割協議の場面で、相続人同士が一歩も引かず、自身の主張ばかりを行って収拾がつかなくなったり、相続人間の感情的な対立が激しくなり、「泥沼化」するケースも見受けられます。


「遺産分割」についてはこちらをご覧ください。 矢印 遺産分割とは
「遺産分割(協議)の手続き」についてはこちらをご覧ください。 矢印 遺産分割手続きの流れ
「遺産分割(協議)を進めるうえでの注意点」はこちらをご覧ください。 矢印 遺産分割協議

名古屋総合法律事務所の詳しい情報はこちら

浅野弁護士

事務所紹介

弁護士・税理士・司法書士紹介

料金・費用

無料相談受付

アクセス

当事務所が選ばれる理由

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30  夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

予約受付時間
平日・土日祝6:00~22:00
初めての方専用0120-758-352|TEL 052-231-2601/FAX 052-231-2602

税理士法人名古屋総合パートナーズはこちら

TEL. 052-231-2603 FAX. 052-231-2604

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、相続の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市,津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
無料相談については、相続人・受遺者の方の内少なくとも1名が上記エリアにお住まいの場合、または被相続人の最後の住所地が上記エリアにある場合の方に限定させていただいております。

 

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

名古屋総合法律事務所のご紹介

運営管理 Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
所属:愛知県弁護士会

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)