相続分の請求方法2

遺留分減殺請求の対象となる処分

悩む男性

Q.父は自宅のほかに、駐車場にしている貸地を1筆所有していました。
父は約10年前、長兄に対しその結婚準備のために駐車場の土地を贈与して、その所有権移転登記手続きをしました。
父の妻である母は、10年前に亡くなり、父は自宅で単身で生活しておりましたが、近くに住む叔母に世話になっていました。
父はかねてより叔母に自宅を贈与する旨話しておりましたが、亡くなる3ヶ月前、叔母に対し自宅の土地建物を死亡したときに贈与する証書を作り、
死因贈与を原因とする始期付所有権移転仮登記手続きをし、
またその頃、遺言書を作って次兄に対し預貯金の全部を相続させました。
父が死亡したときには、預貯金のほかに見るべき財産はありませんでした。
三男である私は、父の生前、特に何ももらっていません。私は誰に対してどのような請求をすることができますか?
相続人は、私と長兄、次兄の3人です。

回答

次兄→叔母→長兄の順にこれらの者を対象として、遺産の6分の1の額について遺留分減殺請求権を行使することが考えられます。

その理由・根拠

相談者は、父の財産の処分などにより、父から相続する財産がありませんでした。このような場合でも、相続財産の一定の割合について、兄弟姉妹を除く相続人に最低限度の取り分を確保するために設けられたのが遺留分の制度です。
本件でも、相談者は、2分の1×3分の1=6分の1の遺留分があり、これを請求する権利である遺留分減殺請求権を行使することが考えられます。

そして、遺留分減殺請求の対象となる財産には遺贈、死因贈与、生前贈与があります。
そして、減殺をする順番としては、遺贈→死因贈与→生前贈与の順となります(死因贈与は、遺贈に次いで遺留分減殺の対象となるとした裁判例:東京高裁平成12年3月8日判決)。
遺贈を減殺しても侵害された遺留分が回復できないときは、死因贈与を減殺の対象として、それでもなお侵害された遺留分が回復できない場合は、生前贈与を減殺の対象とすることになります。

 本問では、父から長兄への贈与は生前贈与です。民法903条1項の定める相続人に対する特別受益は、この生前贈与が相続開始よりも相当以前にされたものであっても、遺留分減殺の対象となるので(最高裁判所平成10年3月24日判決※1)、遺留分減殺請求の対象となります。
 次に父から叔母への贈与は死因贈与です。
 そして、父から次兄へは「相続させる」旨の遺言書がありましたが、これは、原則として、遺産分割方法の指定であるとして、遺贈と同順位で減殺の対象になると考えられます。

 以上からすると、次兄への贈与→叔母への贈与→長兄への贈与の順にその額に満つるまで遺留分減殺請求の対象となると考えられます。

どうすればよいのか?

 遺留分減殺請求権は、相手方に対する意思表示をもってすることができますので、各人にそれぞれ請求をしましょう。
死因贈与には遺贈の規定を準用するとする民法の規定(554条)により、死因贈与と遺贈を同じ扱いとして、その目的の価額の割合に応じて減殺するとする有力な見解もあるためです。また、後日の紛争を防ぐ観点、および証拠として残す観点から、配達証明付内容証明郵便によることが望ましいです。相手方が応じなければ、裁判所にて裁判をすることになるでしょう。
 もっとも、贈与された不動産が他の人にわたっている場合や、長兄が、贈与が特別受益であることを否認することも考えられます。
いずれにしても、早期に信頼できる弁護士に相談して対応することが望ましいでしょう。

1.http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=52811

名古屋総合法律事務所の詳しい情報はこちら

浅野弁護士

事務所紹介

弁護士・税理士・司法書士紹介

料金・費用

無料相談受付

アクセス

当事務所が選ばれる理由

サブコンテンツ

メインコンテンツ

事務所案内

事務所概要

名古屋総合法律事務所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階

相談時間 平日9:00~18:30  夜間相談(毎週火・水曜日)
 17:30~21:00
 土曜相談(毎週土曜日)
 9:30~17:00

予約受付時間
平日・土日祝6:00~22:00
初めての方専用0120-758-352|TEL 052-231-2601/FAX 052-231-2602

税理士法人名古屋総合パートナーズはこちら

TEL. 052-231-2603 FAX. 052-231-2604

アクセスはこちら

事務所外観

事務所外観

対応マップ

対応マップ

より良いサービスのご提供のため、相続の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
【取り扱いエリア】
愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市,津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
無料相談については、相続人・受遺者の方の内少なくとも1名が上記エリアにお住まいの場合、または被相続人の最後の住所地が上記エリアにある場合の方に限定させていただいております。

 

関連サイト

事務所サイト

当事務所の専門サイトのご案内
事務所サイトをご覧ください。

交通事故サイト

名古屋総合法律事務所のご紹介

運営管理 Copyright © 弁護士法人 名古屋総合法律事務所 All right reserved.
所属:愛知県弁護士会

〒460-0002愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 丸の内STビル6階 TEL: 052-231-2601(代表)  FAX: 052-231-2602 初めての方専用フリーダイヤル:0120-758-352
■提供サービス...交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産■主な対応エリア...愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村),一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)